手作り自作エンドロールの作り方、作成方法フリーソフト使用

失敗しないDVDへの書き込み方法

解説映像はハイビジョンで制作しておりますので、全画面・高画質でお楽しみください。

編集が完了したらDVDに書き込みましょう!

 ムービーメーカーのプロジェクト編集が完了したら、DVDに書き込みを行いましょう。操作方法はとても簡単です。ムービーメーカーの右上のムービーの保存ボタンのプルダウンメニューからDVDを作成を選択します。そうするとムービーメーカーが映像データをWMV形式で発行を行います。パソコンの性能にもよりますが、発行には少し時間がかかりますので、気長に待ってください。ムービーメーカーの発行作業が終わると、自動的にウィンドウズDVDメーカーが立ち上がり、DVDメーカーのプロジェクトに先ほど書きだした、WMVの映像データが読み込まれています。

DVDメーカーの設定:タイトルメニュー画面はシンプルに!!

結婚式や披露宴用につくるDVDにおいて「DVDメーカーの設定」で気をつけることはまず、1枚のDVDに1タイトルを収録することです。そして、DVDをプレイヤーに入れた際に、自動的に再生されるモードを選びましょう。それからDVDメーカーには様々なメニューのプリセットが用意されておりますが、結婚式披露宴でこれらのメニューが表示されることは避けたいですね。かといってDVDメーカーではメニューなしのDVDは作成できないので、どうするか?というと、メニューのカスタマイズで、前景と後景両方に黒画面のjpgを設定してしまうのです。そうすることによって、タイトルと再生ボタン・シーン選択ボタン・メモボタンだけの非常にシンプルなメニュー画面を作成することができるのです。この方法は是非おすすめです。ちなみに「シャッター」というプリセットからカスタマイズすると最もシンプルなメニューが作成できると思います。